<tr id="dnnmq"><nobr id="dnnmq"></nobr></tr>
<meter id="dnnmq"><track id="dnnmq"><table id="dnnmq"></table></track></meter>
    <tr id="dnnmq"><track id="dnnmq"></track></tr><ins id="dnnmq"><acronym id="dnnmq"></acronym></ins>

    1. インテリジェント運転

      今後、科學技術の進歩の潮流は「インターネット」から「モノのインターネット」へと変化します。インテリジェント運転は「インターネット?オブ?エブリシング」の最良の擔い手であり、「無人運転」は自動車知能の究極の発展方向です。インテリジェント運転が急速な発展期を迎えるにつれ、技術、法整備、産業化も進化します。



      拓普はデータアルゴリズムの強みを活用することで、スマートカーの中核技術分野に參入しました。運転支援を中核とし、高度な運転支援システムを徐々にテストして組み立てることで、運転支援から自動運転に移行し、最終的に無人運転を実現します。

      4つのインテリジェント運転支援システム

      アダプティブクルーズコントロール

      アダプティブ クルーズ コントロールは、ACCとも呼ばれ、その主な機能は、車両の速度を交通狀況に適応させ、レーダーセンサーを通じて前方車両までの距離を判斷することです。前の車両に近づきすぎる場合、または新しい目標を検出した場合は、前の車両との安全距離を維持するため、自ら減速します。前方の道路に車両がなくなると、加速して設定した速度に戻ります。レーダーシステムが次の目標を自動的に検出します。アダプティブクルーズコントロールの大きな利點の1つは、クルーズコントロールを頻繁にキャンセル/設定する必要がないことです。

      車線維持支援システム

      車線維持支援システムは、車線逸脫警報システムとも呼ばれ、主な機能はカメラセンサーと処理ソフトウェアを使用して、車両と道路標示(車線境界線など)との距離を測定することです。ドライバーが無意識に(例:ウインカーを出さずに)元の車線を逸脫した場合、車線逸脫の0.5秒前に警報を発したり、ステアリングホイールやシートを振動させることで逸脫をドライバーに知らせることができます。車線維持支援システムを備えた車両は、ステアリングホイールモーターでドライバーの方向を修正することもでき、車線逸脫による衝突事故を大幅に軽減できます。

      自動駐車機能

      一般車両に搭載されている自動駐車システムは、主に車體前後左右のレーダー送信システムにより、ステアリングを自律制御し、駐車を完了します。

      衝突防止警報システム

      衝突防止警報システムを搭載した車両は、前方の車両に近づきすぎると、警告を発してドライバーに注意を促します。ドライバーがブレーキ措置を講じなかった場合、システムは運転に介入し、自律ブレーキをかけたり、完全に車を停止させる場合もあります。

      国产自拍,国产自拍偷拍视频,日本AV - x88AV